HAPPINESS IS .......

goodgrief.exblog.jp
ブログトップ

パタヤの顛末(その4)

※パタヤの顛末(その1)(その2)(その3)からお読みください※

帰国数日後、自宅電話が鳴った。
「○月○日帰国の“××旅行のタイ/パタヤ”に参加された、さりさんご本人ですか?」
「はい、そうです」……イヤな予感がする。
「こちらは、なんとか保健局(正確に名称を覚えていない)です。同じツアーに参加されていた○○さん=ママ=が、コレラに罹患していたことが判明しました」……ああ、やっぱり、不安的中だ。
「さりさんは、嘔吐や下痢の症状はありませんか?」と、なんとか保健局。
「いいえ、なんともないです」……だって、原因はパイナップルのトロピカルカクテルだもの。
「同じツアーの方すべてから“検体”をご提出いただくこととなります。容器を郵送します」
???検体???
「指示通り“検体”を取ってください。○月○日○時に係員がご自宅まで受け取りに参ります」
!!!検便か!!!
容器が郵送されてきた。指示通り“検体”採取。
そして、期日時間きっちりに係員が来て「さりさんご本人ですか? “検体”は?」と聞く。
「本人です!“検体”はこれです!」と係員に手渡そうとすると
「いえ。これに入れてください」と、45リットル級のやたらにでっかいポリ袋を広げた。
言われるままに“検体”をでっかいポリ袋に入れると、係員は出来る限り手を伸ばしてその口をしめ、つまむようにして体から離したまま、礼をして「ご連絡します」と言って帰って行った。

数日後、なんとか保健局から電話が入り、わたしは罹患していないと告げられた。
「○○さん=ママ=のお加減は如何なのでしょうか?」と尋ねると、
「回復に向かわれています」と教えてくれた。ああ、本当に良かった。
その後、みんなと写真と手紙を送りあった。タイのソムにも、その後の事情を書いて知らせ、写真も送った。ソムからは「サリ。コンドイツ、タイニクルカ?」というクリスマスカードが来た。

a0019386_21104577.jpg
もう、会うこともないだろうタイ/パタヤでのお友達。あの日々は大切な宝物だ。写真は、ソムが値切って買ってくれた「タイのユーミン」と言われるらしい歌手のカセットテープだ。確かにパタヤのディスコでもかかっていた。



しあわせは、ダーリン、ママ、Sちゃん、Yちゃん、ソムに出会えたこと。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sally_brown | 2004-12-22 00:00 | おともだち | Comments(0)