HAPPINESS IS .......

goodgrief.exblog.jp
ブログトップ

ひとりだけのお祈り

今現在、バチカンでは厳戒態勢の中、宗教/国を超え200万人以上ともいわれる人が集まり、ヨハネ・パウロ2世の葬儀が行われている。
テロ対策として、さまざまな兵器も用意されている、少しそれが悲しい。

わたしは、昼過ぎに近くのカトリック教会へ行ってきた。
意外にも、誰も居ない。
御御堂の説教段の横に、少しお若い頃の微笑まれた法王のお写真が掲げられ、
白い百合の花が手向けられていた。

誰も居ない御御堂で、わたしはその御写真の前にひざまずき、静かに祈りの時間を過ごした。
幼稚園で覚え、未だに忘れていないお祈りをお唱えした。
「パパ、どうか安らかに。そして、遠い日本にお出でいただき、ありがとうございました。あの日の感動と感謝の気持ちは忘れません。パパが争いのない平和を願われたお気持ち、わたくしも忘れず生きていきたいと思います。ありがとうございました」
静かなひととき、わたしはパパ=ヨハネ・パウロ2世と共に時間を過ごせた気がした。

しあわせは、分け隔てなく愛されるということ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sally_brown | 2005-04-08 19:49 | いのち | Comments(0)