HAPPINESS IS .......

goodgrief.exblog.jp
ブログトップ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/J.k.ローリング

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/J.k.ローリング


言わずと知れたハリー・ポッターシリーズ第5巻。
こないだテレビで「〜〜アズカバンの囚人」を放映していて、既に観たのにやっぱり観てしまい、更にはおともだち家で「〜〜炎のゴブレット」をちょい観してしまいました。
で、この夏公開となる本作って、どんなんだったけ?と再読。

ハリーって、映画で描かれているよりずっと癇癪持ちです。この巻では、ある事情によりますます苛立ちを募らせています。やたらにロンやハーマイオニーに八つ当たり。ちょっとハーマイオニーたちが可哀想になりました。最後にはダンブルドア先生に対して癇癪を爆発させます。ダンブルドア先生もちょっとどうか?と思うけど、ハリー、それはないんじゃない?

蘇ったヴォルデモートに知らず知らず操られてしまうハリー。それを阻止するためにあらゆる手を尽くす不死鳥の騎士団の面々。ホグワーツの生徒たちを巻き込みながら、ヴォルデモートとの対決へと転がるように物語は進みます。この巻から上下巻となり、少々冗長に感じられるのが残念。
騎士団のメンバーやホグワーツ生徒たちのキャラクターがとても面白いので、映画では彼らがちゃんと描かれていればいいな〜と思います。公開が楽しみです。

無類の脇役好きとしては、これまでのシリーズでのお気に入りがいっぱいです。
興奮しがちなチビふくろうのピッグウィジョン。
彼なりに一生懸命な屋敷しもべのドビー。
伝説のいたずらを仕掛ける双子のフレッド&ジョージ・ウィーズリー。
こっそりお茶目なマクゴナガル先生。
いっつもぼーーとしている達観少女のルーナ・ラグウッド。
そして、今回わたしを泣かせる男気を見せるのは……「わだじじゃだみだ!」

お気に入りは、意外と勇敢! ネビル・ロングボトム。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sally_brown | 2007-04-16 15:16 | ほんのきおく | Comments(0)

a warm puppy, knowing who you are, being glad you're you.


by sally_brown(さり)