HAPPINESS IS .......

goodgrief.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0019386_13251584.jpgリング・ワールドの玉座/ラリイ・ニーヴン

なんとも壮大かつ破天荒なサイエンスファンタジーである。
この前編「リング・ワールド」「リング・ワールドふたたび」を読んだのがかなり前だったので、独特の世界観に慣れるまで、しばし時間がかかってしまった。
中心に太陽を抱き、自転することで重力を得ている、宇宙に浮かぶ高度文明の構造物“リング・ワールド”ーー地球の300万倍もの面積を持つこの世界には、さまざまな異種族が群雄割拠している。

第3部となる「玉座」では、異性を誘惑する香りを放つヴァンパイアたちとの、果てしない戦いが描かれている。そこへ、出身族の保護だけを使命とするプロテクターが絡み、ストーリーは思わぬ方向へと収束していくのだ。なかなかどうして一筋縄ではいかないニーヴンの伏線が興味深い。
それにしても、この世界の人(?)のネーミングには、いつもながら感心させられる。
カワレスクセンジャジョク、ハーカビーパロリン、ヴァラヴァージリン、ルーバラブル……覚えてしまった自分が恐いくらいである。
異種属たちのネーミングも素晴らしいセンス。<機械人種>マシン・ピープル、<屍肉食い>グール、<球体人種>ボール・ピープル、<赤い牧人>レッド・ハーダーなどなど。
彼等の姿形は読む人の想像次第だ。

ファンタジー小説は、サイエンスものも魔法ものも総じて、実人生の裏返しであるといえる。価値観の異なるもの同士が如何に共存するか、また如何に相手を読み対処するか、そしてなによりもアイデンティティの発見につながるのである。
この「リング・ワールド」も然り、大好きなシリーズ「魔法の国ザンス」や「ランドオーヴァー」も同様である。混沌に思える世界に一定の秩序を見いだした時、そこに存在しうる自分のアイデンティティが確立されるのである。

もう一度、最初から「リング・ワールド」にどっぷり浸かってみるのも一興かもしれない。

お気に入りは、非常識なほど大胆な最強の臆病者、パペッティア人のネサス。
[PR]
by sally_brown | 2006-03-25 13:26 | ほんのきおく | Comments(0)

なごり雪

編集や企画の仕事をしていると、季節感がずれてくる。真冬一番寒い時期に、夏ものファッション撮影でモデルさんを凍死寸前まで追い込み、秋に「あったか旨い鍋特集」企画を考えていたりする。
以前、インテリア企画商品を考えながら歩いていた時、葉っぱのない欅並木を見上げて
「ああ、今年の夏は緑を見そびれたなぁ〜〜〜」と感慨に耽ったことがある。
次の瞬間、その枝に新緑の芽を見つけて、まだ初夏にもなっていなかったことに愕然とした。
そう、春先から「オータム・インテリア特集商品」を考えていたからだ。体内時計が狂いまくり。

昨日、所用があって渋谷に出掛けた。むくむく着膨れて、手袋&マフラーの完全防寒。あんまり寒かったので、カフェであったかいコーヒーを飲み、お昼御飯代わりにマロンマフィンをつまむ。
栗がほっこり甘いマフィンを味わいながら「秋の味覚だわ」とシミジミ……。ふと気付くと、窓の外には白くチラチラと小雪が舞っていた。街ゆく人も首をすくめて、空を見上げている。

「とうとう本格的な冬が来るんだな〜」







って、違うってば……。
これはなごり雪。
渋谷パルコの前に降る「さよなら」のなごり雪。
もう春はそこまできている。
今日のお陽さんはあったかい。

しあわせは、春を待つこころ。
[PR]
by sally_brown | 2006-03-14 10:33 | はるなつあきふゆ | Comments(0)

春遠からじ

a0019386_2249668.jpg久し振りの晴天。日差しが暖かい。
隣家の梅が咲いていたことに、
今日初めて気が付いた。
そっと咲く白梅。
楚々とした日本美人を思わせる。
かくあれかし、かく咲きたし。

しあわせは、春を告げる白梅。
[PR]
by sally_brown | 2006-03-04 22:49 | はるなつあきふゆ | Comments(0)
ドゥームズデイ・ブック/コニー・ウィリス

またしても怒濤の600頁。14世紀も21世紀もまさに「混沌(カオス)」だ。
とりわけ、21世紀側の混沌ぶりが凄まじい。途中、あまりに支離滅裂な混沌にちょっとうんざり気味だったが、最後の最後にそれも無駄ではなかったと知る。なるほどね、そうきたか。
それにしても、ダンワーシイがあれほどまでにキヴリン回収にやっきになるのが、ちょっと解せない気もする。職務上の責任感だけ? それに、なにもそこまでドシャ降り続きじゃなくてもいい気もする。土地柄なのだろうか? 土地勘がないので、ドシャ降りにする必然性が今ひとつ分からない。
それに比べて、14世紀側の混沌と混乱、恐怖と絶望が強くこころに迫る。中世に生きた人々のほうが、生身の人間として感じられる気がした。
これは、面白可笑しい話ではなく、感動冒険ものでもなく、悲しく無力な物語だ。

しかし、前に読んだ「犬は勘定に入れません」と同様、コミカルな面も存分に楽しめる。お気に入りのフィンチがオロオロする初々しさが笑えた。こんな経験を経て、ああなったのね。
「犬は勘定に入れません」もそうだったが、女性が困難に際してイキナリ強靭な精神力を発揮するのが、面白くもあり頼もしくもあり、また悲壮でもある。キヴリン……彼女の献身と祈りは通じるか?

読了したのち、公共放送で「鳥インフルエンザと戦うWHO女性職員」を取り上げた番組を見た。更に、欧州ではガチョウや猫(!)への感染が広がっているとの報道もあった。
まさしく、他人事ではない。空恐ろしくなった。これは、そのまま今ここにある危機なのだ。

お気に入りは、絶対諦めないメアリ
[PR]
by sally_brown | 2006-03-02 19:41 | ほんのきおく | Comments(0)