HAPPINESS IS .......

goodgrief.exblog.jp
ブログトップ
第三舞台の演出家・鴻上尚史さんが、公演のたびに書いていた「ごあいさつ」をまとめた本です。
「ごあいさつ」は、大学ノートに手書きで書かれていて、それをコピーして客席に一枚ずつ置かれていました。



平成16年(2004年)に出版されてたこの本を知ったのは、うかつにも今年の春先でした。
あわてて、ネットで購入しました。その時点では残り2冊でした。
わたしには、どうしてももう一度読みたい「ごあいさつ」があったのです。


第30回公演『朝日のような夕日をつれて '97』の「ごあいさつ」です。


6年ぶりとなるこの公演。
6年前の第24回公演「朝日のような夕日をつれて '91」も観ていましたが、やはりスーツ姿で並び、オレンジ色をバックに高々と拳を振り上げる彼らは、背中からゾワゾワっとするほど美しかったことを覚えています。

その日は開演ギリギリで滑り込んだため、いつものように座席に置かれている「ごあいさつ」は、自宅に帰ってから読みました。
何故か判らない涙が流れました。何か判らない勇気を貰いました。
それ以来、この大学ノートに手書きで書かれたコピーの「ごあいさつ」をずっと大切に持ち続けていました。
大切にしまい込んでいるだけで、滅多に読みませんでした。
凹んだときや悲しいとき、そんなときにだけ読み返しては、何故か判らない涙を流し、何か判らない勇気を貰いました。







とても悲しく落ち込んでいたある時期、
大切にしまい込んでいた「ごあいさつ」を見つけて読み、
やはり、何故か判らない涙を流しました。
しかし、何か判らない勇気は見いだせませんでした。









わたしは、大切にしていた「ごあいさつ」の紙を捨ててしまいました。










時が経ち、わたしは「ごあいさつ」を捨てたことを激しく後悔しました。
あの日わたしは、自分がなくしたものしか見えていませんでした。
実は手に入れていたものを見失っていたのです。
もう二度とあの「ごあいさつ」で、何故か判らない涙を流し、何か判らない勇気を貰えなくなりました。





この本を手に入れて、真っ先にこの第30回公演『朝日のような夕日をつれて '97』の「ごあいさつ」を読みました。
やはり、何故か判らない涙を流しました。
そして、今度はちゃんと何か判らない勇気を見出せたのです。







鴻上尚史さんの書くころころっとしたかわいらしい手書きではなく、活字になっていることだけが残念です。
あれってちゃんと清書していたのか……この本を読んで初めて知りました。






鴻上さんの文章はどれも、笑わせてくれるようで、絶対泣かせます。
なんか、ずるいような気がします。
やっぱり彼は役者じゃなくて演出家になってよかったんだと、本人に同感しちゃいます。







よろしければ、読んでみてください。
気に入っていただけると、さりも嬉しいです。
ライフログに入れました。サイドバーの下です。

んじゃ





しあわせは、「じゃあ行こうか」「ああ、行こう」と言い、それでも待つこと。

追悼:忌野清志郎さん
[PR]
# by sally_brown | 2009-06-19 23:03 | ほんのきおく | Comments(0)

ナルニア国

何年も前に全巻読破した大好きなファンタジーものだ。

教育的で宗教的な児童書なんだけど、結構壮大な冒険ファンタジー映画になってる!
あぁ、映画館で観たいなぁ。

わたしのお気に入りは、リーピチープ!

しあわせは、雪の森の街灯の謎。
[PR]
# by sally_brown | 2008-05-18 21:23 | ケータイさり | Comments(0)

さくら

a0019386_10302369.jpg

さくら、咲くとなんでこんなに嬉しいのかしら。
いつもと違う道で発見。
ついつい一枚、パシャ!

しあわせは、咲く花、散る花、惜しむ花。
[PR]
# by sally_brown | 2008-03-26 10:30 | ケータイさり | Comments(0)
a0019386_15381078.jpg

快晴の元旦を迎えました。
キリもよく平成20年。
末広がりの2008年。
よい年になりますように。
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

しあわせは、照る日曇る日笑える日。
[PR]
# by sally_brown | 2008-01-01 15:38 | ケータイさり | Comments(0)

賛美歌312番

カトリック幼稚園で叩き込まれた宗教観。
大人になって仏教や神道を知ってからもなかなか抜けるものではない。
この時期になると、毎年それを思い知る。
たった4歳で覚えたお祈りは、いまだにそらでお唱えできる。
お祭り騒ぎを否定はしないが、わたしは静かにこの日を祝う。

幼稚園で歌っていた「おうた」は残念ながら忘れてしまった。
わたしには、このひとつの賛美歌を覚えているだけでもいいと思っている。

教会の結婚式でよく歌われるので、ご存じの方も多いと思う。
キリスト生誕を祝う歌ではないが、この歌詞はわたしのこころの奥深くをゆさぶる。
特に3番の歌詞に「わたしはひとりではない」という救いを見いだし、
歌うたびに、思わず知らず涙を流す。

今日もこの賛美歌を歌い、静かにお祈りを捧げよう。

しあわせは、決してひとりではないということ。

[PR]
# by sally_brown | 2007-12-25 22:45 | いのち | Comments(0)
ハンニバル・ライジング/トマス・ハリス


読んでしまいました……こないだの記事では「映画を見てから読むのがいい」などとオススメしたのに……嗚呼。
リンク先のレビューでは、かなりケチョンケチョンにいわれてます。むべなるかな。
映画を楽しみにしている人は、ネタバレなので読まない方がいいと思います。

「羊たちの沈黙」から全て読んでいるので、ケジメとして読んでおこうかなという程度の期待度でした。そして、読後感想としては、やはり「羊たちの沈黙」を超えることはできなかった……です。
ここではハンニバル少年のわずかに牧歌的ともいえる日々を垣間みることができます。そして、ハンニバル少年を保護しようとした大人たちの存在さえあります。
それでも彼はレクター博士へと成長してしまいます。そこに、一抹の悲しさを感じます。
ここに登場する「ヒヴィ」たちの方が、ハンニバル少年より、そしてまたレクター博士より、ずっと汚い存在であるように思えるのです。

それにしても、このジャポネスク……苦しいです。作者はリアル日本人にリサーチしたのでしょうか?
「やっぱり外国の人は『日本』をこう見ているんだな」と思えて仕方ありません。
どうしてハンニバル少年の経験に「日本」を組み入れたかったのか? こんな「日本」なら無理して影響させなくてもいいように思えます。登場する日本モチーフが陳腐ですらあります。
どんな感じに映像化されているのか? 想像すると正直ひきます。
でも、映画は観ちゃうと思います。やっぱりケジメかな?
どうにもスッキリしない読後感が残ってしまいました。予想はしてたけど、残念です。

お気に入りは、忠実な僕・ベルント。
[PR]
# by sally_brown | 2007-04-22 17:52 | ほんのきおく | Comments(0)

がんばれ、アイビー

a0019386_15345033.jpg風の強い日、うっかりベランダに出しっぱなしにしてしまったアイビーの鉢。気が付いたら、折角伸びてきた枝がヘチョンと折れてしまっていました。可哀想なことをしました。
切って、水栽培(懐かしい響きだな)にしてみました。
まだ根っこは出てきませんが、一番先っちょの葉っぱが枯れたりもしていません。
なんとか育ってほしいです。
テーブルが少し明るくなりました。


しあわせは、緑のある暮らし。
[PR]
# by sally_brown | 2007-04-20 15:35 | いのち | Comments(0)